大和北部八十八カ所霊場

-

皆さんは江戸時代の明和年間に設置された
「大和北部八十八ヶ所」と呼ばれる集合霊場が
奈良にあることをご存知だったでしょうか?

大和北部八十八ケ所霊場は江戸中期の明和年間(1764~72年)に制定されたといわれる。何度か寺の入れ替えがあったが、現在は南都七大寺に数えられる「大安寺」(奈良市)を1番札所として、88カ所の札所と番外・別格の寺院を合わせた95カ所をめぐり、女人高野の「室生寺」(宇陀市)をもって結願(けちがん)となる。

95カ所には、吉野町の金峯山寺蔵王堂以外の世界遺産の寺はすべて含まれる一方、「大森大師」(奈良市)や「百済寺」(広陵町)など10カ所はすでに廃寺や無住職となっており、今では霊場の存在を知らない人がほとんどだという。

大和北部八十八ヶ所霊場寺院紹介

  • 奈良市全体ただいま準備中です
  • 奈良公園周辺エリアただいま準備中です
  • 新大宮・西大寺・
    西の京・押熊エリア
    ただいま準備中です
  • 富雄・生駒エリアただいま準備中です
  • 生駒郡・田原本・
    橿原エリア
    ただいま準備中です
  • 法隆寺・大和郡山エリアただいま準備中です
  • 帯解・大和郡山エリアただいま準備中です
  • 天理エリアただいま準備中です
  • 桜井エリアただいま準備中です
  • 室生エリアただいま準備中です

ただいま準備中です

一番札所 大安寺
ここから巡礼が始まります!

拝観時間 午前9時~午後5時(受付は午後4時まで)
※年中無休(但し12月31日は迎春準備のため休み)

エリア:奈良公園周辺

第一番 大安寺〈だいあんじ〉

Official Instagram